永代供養が求められる時代へ

永代供養とは、お墓を継承しない人がいない場合にお寺が代わって永久的に供養をしてくれることです。


これは今に始まったことではありませんが、少子化の影響や親族関係の希薄さでこのような行為が増加しています。



また、子供がいたとしても遠方に住んでいるといった理由から、お墓参りで迷惑をかけたくないと思う人も少なくありません。
こういった永代供養は、ほとんどがお寺側で管理が行われ、共同墓地や屋内での仏壇あるいはそれをコンパクトにした形で収められています。

All Aboutとの上手な付き合い方をお知らせします。

これらは、定期的にお墓参りをすることはできますが、お寺側が責任を持って管理をしてくれるのでお墓参りをする人がいなくても問題ありません。

永代供養はその規模にもよりますが、その人の事情に合わせて安い費用で行われているところもあります。



一般的に墓石を購入して、将来的に法事を行っていくことも考えたら経済的に無理のないことも多いです。


このような理由で永代供養を選ぶ人も多く、葬儀社またはそれを専門に行うサービスがこれらを紹介してくれて一式の流れをお任せすることができます。

その先を考えてこれに申し込む人も目立つようになり、事前に説明会などを開催するなどして興味のある人へ紹介したりしている状況です。

子から孫へお墓を代々継承していく動きは当たり前のこととされてきましたが、それも時代の流れで徐々に変わろうとしてきています。

永代供養は、長い時間に渡って子や孫にそして周囲の人たちに負担をかけさせない思いや、自分たちの死後の安心から注目を集めるようになってきました。


そして、これからもそれを求める動きは、ますます増えてくるでしょう。