こんなにもある自然葬の方法

亡くなった人の遺骨を墓地に埋葬せずに自然葬という形で海や山にまくという風習がありますが、最近ではこの風習に基づいて葬儀を行う人も再び増えてきています。


しかし、自然葬といっても様々な方法があり、手続きが必要であったりもしますから、自然葬を行う前にしっかりとどのような種類があるのか、手続きの方法などを知っておく必要があります。

そこで、自然葬の種類としては、遺灰を海や山にまくという方法、宇宙葬、樹木葬などの種類があります。

Ameba Newsをしたいと言う願いにお答えするサイトです。

遺灰を海や山にまく場合は、あらかじめ本人の生前契約や遺族による契約などを自然葬を行っている団体との間に契約をする必要があります。

また、海上に遺灰を散骨する場合は、代行している業者に依頼する場合が多いです。

散骨を行った後は、散骨証明書というものが遺族に届けれることになります。
宇宙葬については、遺骨の一部を専用のカプセルに入れて、ロケットで宇宙に運ぶという葬送です。



宇宙に行った遺骨は、最初は地球の軌道の上を回っていますが、最終的には大気圏に突入して星のようになくなります。

樹木葬については、墓地を立てることが許された土地に火葬後の遺骨を直接地中に埋葬して、そこに墓石ではなく樹を受けるというものです。



この方法は、遺骨は埋葬することになるので、これまでのような方法とは違い、散骨はしません。植える樹木としては、主に低木類や花木などを植えることが一般的となっています。

また、宗派などは関係なく、誰でも埋葬を行うことができます。