これからの社会で注目されるであろう永代供養墓

お寺や霊園にある一般的な個人のお墓は、それを受け継ぐ人がいなくなってしまうと、ある一定の期間や手続きを経ることで、ほとんどの墓石が無縁墓として撤去されてしまいます。


なぜなら、無縁墓を放置してしまうと、その分管理費が掛かるため霊園やお寺の墓地運営に費用面の負担がのしかかります。

また、長い間放置された墓石は崩れたり倒壊したりする可能性もあり、訪れる人々が安全にお参りに来ることもできません。

日本は核家族化、少子化の一途をたどっており、これまでの通り一族が自分たちのお墓をずっと守って行くことが難しくなっています。そうした中で、お墓を受け継ぐ人がいなくとも、霊園やお寺がこれらの人々に代わり、永代にわたって管理・供養をするお墓として永代供養墓と言う形式のお墓が考えられました。



永代供養墓の形態としては、合葬式と呼ばれる一つの納骨室に色々な方の骨壺を共同で安置する形のものと、合祀式と呼ばれる遺骨を共同のお墓に埋葬する形のものがあります。



また、宗教や宗派を問われることもありませんし、生前に永代供養墓への埋葬を申し込むこともできます。
お墓を守る後継者のおられないご家庭や、何かしらの理由で代々あるお墓に入りたくないが供養はしてもらいたい方、自分の子供や孫にお墓の管理のための負担をかけさせたくない方など、お墓や埋葬に対して色々考えを持っている方が利用できるお墓として、今後日本で広まっていくのではないでしょうか。

知って納得のlivedoorニュースにはこちらのサイトが最適です。